People
インタビュー

藤野 瑞貴の写真

最後まで妥協しない。
良い仕事は必ず次につながると信じて。

Mizuki Fujino
藤野 瑞貴
CCG MANABI 企画営業

2016年 中途入社

自信がなかった入社当時。
地道な営業活動の積み重ねが
成長の糧となった。

CCG MANABIの企画営業として、大学や専門学校を中心としたクライアントの学生募集や広報プロモーションに携わっています。具体的には、入学案内のパンフレットやWebサイト、ダイレクトメールやノベルティなど、さまざまな商材をご提案し、受注後の制作物のディレクションや進行管理まで一貫して担当。学校は1年かけて入学検討者にアプローチするため、年間を通してクライアントと向き合います。クライアントにとって一番相談しやすいパートナーとして寄り添えるよう、ひとつでも多くの商材をご提案し、学生募集や広報プロモーションにより深く関わるべく、日々の活動を行っています。

入社時は、クライアントの前でうまく話せなかったり、聞かれたことに答えられなかったり、悔しい思いをたくさんしました。また、自信のなさゆえに、社内の打ち合わせで自分の意見を言えずに終わってしまうこともありました。でも、新規開拓の一環でテレアポや飛び込み営業を重ねてトライ&エラーを繰り返したことで、少しずつ自分なりのやり方を確立でき、自信が生まれたんです。今では、自らの経験をもとに積極的に発言できるようになりました。

現在は既存のクライアントへの営業がほとんどですが、新規のクライアントへ営業をする時は特に、お客様の話をよく聞くことを心がけていました。案件を受注するまでには、クライアントとの関係性を構築するのに長い時間がかかることがあります。新規開拓の経験ができたからこそ、ご依頼いただけた時には「必ず期待に応えたい」という気持ちをより強く持つようになりましたね。

納得できるまでとことん追求。
期待を上回るものを
こだわって作り続けたい。

この仕事において大切なのは、クライアントのイメージを最善のカタチで表現すること。企画を考え、それがデザインとして具現化されていく過程に楽しさを感じています。どんなクライアントに対してもしっかりと向き合い、本当に伝えたいことを汲み取るのが、私たちにとって最も重要な役割。それをうまくカタチにして喜んでいただけた時、そしてクライアントの課題解決に貢献できた時にやりがいを感じますね。コンペやご提案の時は、営業が方向性のカギを握っているので、クライアントの一番の理解者だからこそ持てる視点を大切にしています。良い仕事は必ず次の仕事につながると信じて、一つひとつの仕事に心を込めています。

仕事をするうえでモチベーションとなっているのは、私たちを選んでお仕事を任せてくださったクライアントの期待を上回るものを作りたいという想いです。その学校の魅力がエンドユーザーに最大限に伝わるよう、ご要望+αのご提案をしたい。制作物のクオリティを維持するためには、社内のメンバーとぶつかることや、心を鬼にして厳しい意見を言わなければならないことがあります。時にはクライアントを説得しなければならないシーンも……。クライアントが伝えたいことを最善のカタチでエンドユーザーに届けるために、細かな部分でも納得できるまで妥協せず、こだわりを持って取り組んでいます。

CCG MANABIのビジネスは教育業界に特化しているので、もしかしたら仕事の幅が狭いと思われるかもしれません。でも実際はそのようなことはなく、私自身はとても幅広い経験ができています。扱う商材は多岐に渡り、マーケティング的な視点でコンセプト設計や戦略策定を担うこともあります。クライアントの要望に応じた最適なご提案をするための経験と知識を得られるはずですよ。

Profile

藤野 瑞貴の写真

Profile

企画営業 藤野 瑞貴 CCG MANABI | 2016年 中途入社

文教大学卒業。前職では広告代理店にて雑誌広告の営業を担当し、既存の枠にとらわれない企画提案に挑戦したいという想いからCCGグループに入社。営業としての下積み時代は新規開拓を担当し、大学や専門学校への飛び込み営業を経験。クライアントと真摯に向き合い、制作物のクオリティにこだわる姿勢は、社内外から全幅の信頼を得ている。これからの目標は、Webサイトの制作経験を増やし、他の学校がマネしたくなるような魅力的なWebサイトを作ること。

関連インタビュー

ホーム / インタビュー / 藤野 瑞貴