People
インタビュー

⼭崎 茉莉咲の写真

難しいからこそ面白い。
伝えることの奥深さと共にある仕事。

Marie Yamazaki
⼭崎 茉莉咲
CCG TO 企画営業

2021年 新卒入社

ロジカルにわかりやすく。
情報の発信者と受け手をつなぐ、
“伝わる”資料をつくる。

CCG TOのPresentainment事業部に所属し、クライアントのプレゼンテーションをより“伝わる”ものにするお手伝いをしています。具体的には、PowerPointを活用したスライドや動画など、企業の情報発信のためのコンテンツ制作が主な業務です。

就活時は、有形商材を中心にさまざまな業界を検討していました。でも思うような結果が出ず、改めて自己分析を行ったところ、すでにカタチがあるものを課題にあてはめて提案するよりも、課題に応じて柔軟に提案をするほうが、より本質を理解する力が必要だと感じたんです。難易度は高くても、やりがいと面白みがあるのではないかと、無形商材に方向転換したところCCGグループに出会いました。もともと、難しいものごとの意味を考え、少しずつほどいて理解するのが好きだったので、Presentainment事業部の仕事で自分の力を発揮できるのではないかと思い、入社を決めました。

仕事においてこだわっているのは、制作する資料のわかりやすさ。より良い“伝わる”を実現させるために、自分が内容を理解したうえでさらに情報を噛み砕き、誰が聞いてもわかるような明白な道筋を立てることを意識しています。人に何かを伝える時、熱意や表現はもちろん重要ですが、その前にまず論理的であることが重要です。クライアントからいただいた情報をもとに、資料全体の設計はもちろん、スライドごとの内容やそれらのつながりに対しても違和感がないかを常に考え、論理的かつ自然な仕上がりになるようにしています。

初めて自分が主体となってご提案から制作進行までを担当した案件で、「こんなにわかりやすくなるなんてプロはすごい。あなたに任せて良かった」とクライアントに仰っていただけた時は、本当に嬉しかったですね。

自分なりの武器を携え、
唯一無二の価値を持った
ビジネスパーソンを目指したい。

学生の頃、ビジネスとは企業と企業のつながりで成り立つものだと思っていました。もちろんその側面はありますが、入社後の研修や実務を通して、ご相談やご発注をいただけるかどうかは、クライアントと相対するその人自身にかかっていることを学びました。社会人になると、同年代だけではなく、すべてのビジネスパーソンがライバルとなり得ます。そのなかで自分を選んでもらう難しさと喜びを知りました。

今、何より仕事が楽しいです。もちろん大変なことはありますが、熟慮の末に難しい内容をうまくまとめられた時の達成感はひとしおですね。自分が作った資料を通してビジネスに影響を与えられていることを実感し、大きなやりがいとなっています。先輩方に比べると未熟な点は多いですが、最初はとにかく仕事をこなすだけで精一杯だったのが、少しずつできることが増えてきて、自分の成長に確かな手ごたえを感じています。

CCGには個性や強みを活かせる環境があります。チームの先輩方はそれぞれの個性と強みを存分に発揮したスタイルで業務を行っていて、お客様はそこに期待と信頼を寄せているように思います。私は自分なりのスタイルをまだはっきりと見つけられていませんが、物事を熟慮する力とそれを言葉で人に伝える力が武器だと自負しています。お客様に「この人なら意図通り以上に言語化して伝えてくれる」と信頼していただける、唯一無二の価値を持った存在になりたいですね。そのために、まずはクライアントに寄り添いながら一つひとつの仕事に真摯に向き合い、+αのご提案ができるよう想像力を培っていきたいです。

Profile

⼭崎 茉莉咲の写真

Profile

企画営業 ⼭崎 茉莉咲 CCG TO | 2021年 新卒入社

上智大学卒業。企業の情報発信を支援するCCG TO(Presentainment事業部)のサービスに魅力を感じ、CCGグループに入社。クライアントのプレゼンテーションの課題を解決するためのコンテンツの企画提案や制作進行において、ディレクション業務を担当している。持ち前のストイックな姿勢で仕事と向き合い、論理的思考力と言語化力を強みに、より良いコンテンツづくりに努めている。

関連インタビュー

ホーム / インタビュー / ⼭崎 茉莉咲