People
インタビュー

金子 まゆみの写真

常に最適解を探し続けられること。
それがこの仕事の面白さ。

Mayumi Kaneko
金子 まゆみ
CCG WORKING HEADS Webデザイナー/マネージャー

2014年 中途入社

25歳で一念発起。
憧れだったデザイナーを目指して
キャリアチェンジ。

デザイナーとして実務に携わりながら、マネージャーとしてチームを率いる仕事をしています。前職ではデザインとは無関係の仕事をしていましたが、25歳の時「自分が頑張れるのはデザイン関係の仕事しかない」と思い立ち、転職を決意。実は、幼い頃から色やアートに興味があったんです。そこで、半年間みっちりと勉強し、デザインとコーディングの技術を徹底的に叩き込みました。

CCGに入社してからは、デザインのスキルとスピードが圧倒的にアップしたことを実感しています。デザイン業務未経験だった私が、何とか仕事をこなせるようになり、対応できるデザインの幅が広がり、今では大体の案件に対応できるようになりました。マネージャーになってからは、人間力も鍛えられているように思います。

この仕事のやりがいは、最適解を常に探し続けられること。デザイナーとしての業務も、マネージャーとしての業務も、正解やゴールを自分で考えて設定するところがスタートです。限られた時間や状況のなかで何ができるかを最大限に考え、効率的に実現していくのは、難しさとやりがいを感じますね。想像力をフル活用しながらカタチにしていくこと、そこに自分なりのこだわりを少し入れられることが面白さだと思います。

デザイナーとして、
そしてマネージャーとして。
心に決めた2つのマイルール。

仕事をするうえでのマイルールは2つあります。デザイナーとしては「クオリティにこだわり、+αの意識と行動を持つこと」、そしてマネージャーとしては「こだわりを捨てること」。デザイン業務では、メンバーにデザインの指示やフィードバックをすることがありますが、自分なりの言葉できちんと言語化して伝えることを意識しています。マネジメント業務では、主役はあくまでメンバーなので、自分のこだわりは捨て、できるだけフラットに物事を見るように努めています。

現在はデザイナーとエンジニアを含めた部署全体のマネージャーを務めていますが、最初はエンジニアチームとのコミュニケーションが思うようにとれず苦労しました。職種特有の細かい機微がわからないと、タスク管理やスケジュール調整がうまくできません。専門的な用語やシステムに関する知識が圧倒的に足りなかったので、自分の業務をこなしつつ必死に勉強しました。上長としての責任を果たさなければならないというプレッシャーもあり、とにかくしんどかったですね。

今後取り組みたいのは、制作陣とディレクター陣とのコミュニケーションをさらに密にし、部署を越えてチーム力を高めること。それをどのように実現していくか、しっかりと考えていきたいです。成果物の品質やスピードを担保するために、一人ひとりのメンバーの力こそ欠かすことができない大切な財産です。彼らが最大限の力を発揮できるように、余計なものは排除し、必要なものを整えていく。それが私の仕事だと思っています。

Profile

金子 まゆみの写真

Profile

Webデザイナー/マネージャー 金子 まゆみ CCG WORKING HEADS | 2014年 中途入社

幼少期から色やアートに興味を持つ。一度はデザインとは無縁の職に就いたものの、Webデザイナーへのキャリアチェンジを決意して猛勉強を積み、CCGグループに入社。さまざまな業界のデザイン制作に携わりながらスキルを磨き、マネージャーとしてチームメンバーのマネジメントも行う。人生で叶えたい夢は、世界各地を旅行して旅先で絵を描くこと。

ホーム / インタビュー / 金子 まゆみ